jijitsukon

夫婦同姓を定めた民法規定について、最高裁大法廷が6月23日に示した2度目の「合憲」判断に、申し立て人の事実婚夫婦らは肩を落とした。だが変化は起きると信じている。
妻側の姓を名乗る「妻氏婚(つまうじこん)」を主体的に選択した3人の男性は、どんな理由から「妻の姓」を選び、 実際に妻の性に変えてみてどんなことを感じたのか。
結婚について「男女間に限る必然性があるとは断じがたい」とする判決。原告女性の弁護人「すごくうれしい。同性婚の法制化に向けて突破口になってくれれば」
どうして私は法律婚を選ばなかったのか。パートナーと「契約結婚」に至った理由を書いてみたい。
東京のど真ん中、2020年にオリンピック・パラリンピックが開催される都市でこの制度がスタートすることは、とても意味がある。
同性のみに限ると意図せぬカミングアウトにもつながる。そうした懸念の解消にもなっているという。
いろんなことをすっとばして「いきなり子供ができて、とりあえず一緒にいて家族になる」って感じでしょうか。