joji-rukasu

「攻殻機動隊」シリーズで知られるプロダクションI.Gも参加。ディズニープラスで日米同時配信される。
「彼女は(スター・ウォーズの)大きな一部であり、その存在はより力強くなるんですーーオビ・ワンがライトセーバーで斬られたあとのほうが強力になったように。」
人気映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役を演じたアメリカの女優、キャリー・フィッシャーさんが27日、死去した。出演者らのメッセージを紹介する。
ジョージ・ルーカスが「レトロ映画。気に入らない」「 スター・ウォーズ ファン向け」と語る、氏の内面を吐露したインタビューが公開されました。
12月18日、SF映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開された。世界中の映画ファンがSNSで熱狂をシェアする一方で、シリーズの生みの親のジョージ・ルーカス氏は、2000年以降インターネットを避けていることが分かった。
いよいよ『スター・ウォーズ』(エピソード7)が10年ぶりに帰ってくる。
ジョージ・ルーカス監督が、なぜ作品をディズニーに売却し、自身が育てたルーカスフィルムとJ.J. エイブラムスに今後を任せることにしたのかを明らかにしました。
スター・ウォーズほど、熱狂的に愛されつづけている映画はない、と言っても過言ではないだろう。宇宙で繰り広げられる壮大な冒険物語にはお姫様も、反逆者も、ロボットも、悪の枢軸卿も登場し、続編が発表されるたびに私たちはその世界観に魅了されてきた。そんなスター・ウォーズと同様に、私たちが愛して病まないポップカルチャーがある。それが、LEGOだ。この2つによる「夢の競演」が素晴らしい写真のなかで実現した。
『ハフィントン・ポスト』が独自に入手した情報によると、今年6月に結婚した(日本語版記事)ばかりのジョージ・ルーカス監督と、妻であるメロディ・ホブソン氏との間に8月9日(米国時間)、女児が誕生した。
6月22日午後5時(米国時間)、映画『スター・ウォーズ』シリーズで有名なジョージ・ルーカス監督と、米イリノイ州シカゴに拠点を置く投資信託会社Ariel Investments社の社長を務めるメロディ・ホブソンさんが、カリフォルニア州マリン郡にあるスカイウォーカーランチで挙式し、その時の写真が公開された。(スカイウォーカーランチは、ルーカスフィルム本社が入るスタジオの総称。広大な土地で、外観は農場にしか見えないデザインになっている。通常は撮影禁止で住所も一般公開されていない)