jorei

全国的な議論を呼んだ条例が可決。賛成・反対の立場の専門家や進め方を疑問視する団体に聞いた。
条例について考える講演会で、一律の時間制限を問題視。「ゲーム依存」の背景にある問題を含めたケアが必要だと訴えた。
川崎市では在日コリアンが多く住む地域などで、ヘイトスピーチとされる街宣活動が繰り返されてきました。
「豚を基準に」「アプリで解決」ゴミ管理条例への様々な対応を紹介する。
東京都にとどまらない全国への影響の広がりを期待したい。
罰則はないが、市の施策に対する苦情処理の仕組みを設けている。
特定異性接客営業ってなんじゃらほい?と思う方が大半だと思いますが、これはいわゆる「JKビジネス」と呼ばれるものを指します。
市区町村の首長や議員には、そのように国や都道府県に先駆けて、先進的・画期的な政策や、ときには意味不明な構想を「条例」というかたちでルール化する力が与えられている。統一地方選は、それだけの大きな力を託してよいのかどうかを問う選挙なのである。