joseikanrishoku

会社には、社会の課題が詰まっている。D&Iを理想で終わらせない環境は、作れるのか?アクセンチュアに聞いた。
PRESENTED BY Accenture
日本の女性管理職は、約9人に1人。社会課題に真剣に取り組んだら、組織はここまで変わった。
PRESENTED BY Accenture
「どうしたらピンチをチャンスに変えられるか」を伝えるために、実名を出して妊活を発信し続けた。
「30%クラブジャパン」が5月に開始。「日本企業の存在感が低下している。大変な危機感を感じている」
比率は上昇傾向にはあるが、管理職が全員男性で女性が1人もいない企業が依然として50.0%を占めているという。
もっとも多いダイバーシティへの取り組みは「女性の採用・登用」、もっとも少ないのは「LGBTの採用・登用」でした。
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性管理職候補者を含む女性リーダーの育成を行うには、何をどうしたらよいのか、そのポイントを解説します。
「チームリーダー=メンバーの上に立つ人」ではなく、ひとつの役割に過ぎないということ。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ベトナムに限らず、アジアでは女性活躍の場がきっと増えていくはず。日本で経験を積んだ女性には海外というステージも選択肢に入れてほしい。
PRESENTED BY エン・ジャパン
もともと管理職には全く興味がなかったという山口さん。失敗の連続の日々をどうやって乗り越え、管理職を楽しむ今に至ったのか、話を聞きました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
時短勤務制度を活用しながら多くの女性社員が活躍しているエン・ジャパン。リーダーとして時短メンバーのマネジメントに取り組んでいるエン転職の福吉さんにお話を伺いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
2015年4月から三菱商事が始めた「MC学童」は、本社勤務の社員の子どもを対象に、夏休みなどの長期休暇中だけ提携先の学童保育で預かるという制度です。
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性管理職が多い職場は「産休育休に理解がある」「女性特有の悩みを相談しやすい」など、働く女性に対する理解が深いことが特徴のようです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
産休・育休なども利用実績が多くあり、復帰後も仕事を続けていきやすい制度が整っているようです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
カイシャの評判の『会社分析レポート』から「女性の管理職が比較的多い」企業をピックアップしてみました。クチコミから女性活躍推進に向けたヒントが見つかるかも?
PRESENTED BY エン・ジャパン
私自身の経験から、女性がキャリアを成功させながら家族が強い絆を築くことが、十分可能だとはっきり言えます。
女性活躍推進法では、14項目のなかから、最低限1項目以上の公表が求められています。
子育て中のワーキングママに、出産後の仕事に対する意識調査を行ったところ見えてきたこと。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「女性管理職を増やすための取り組みや、管理職への挑戦のさせ方・サポート体制」という観点で、エン・ジャパンの馬場さんに話を聞いた。
PRESENTED BY エン・ジャパン