kagakubusshitsu

水や熱に強く、汚れにくい性質を持つPFASは、スーパーマーケットなどで販売されるさまざまな食品のパッケージに使われている。
サンゴ礁に悪影響の恐れがある化学成分を禁止。製薬会社や皮膚科医団体などが反対を表明していた。
川が驚くべき深紅に変色した様子は、SNSで画像が数多くシェアされている。
アルツハイマー型認知症の患者では、神経細胞内にある「タウ」と呼ばれるタンパク質が異常な形で集積して神経細胞が減少することがこれまでの研究で分かっている。
74歳のファッションデザイナーは、パフォーマンスも強烈だ。
シェールガスを採掘する際に使う水「フラッキング水」には化学物質が混ざっており、水質汚染が懸念されている。公聴会で委員たちはフラッキング水は安全だと保証したが、飲むように求められると沈黙した。
最近バイオテクづいているY Combinatorからまた一つ。20nは、UCバークリーの教授と一人のポスドクの着想から生まれたスタートアップだ。
タバコが体に悪いことを知らない人はいません。でも、悪いと知りながら吸っている人でも、それが自分の想定以上の悪影響を生じているとしたら、ちょっと焦るのではないでしょうか。事実、その可能性は決して低くないようです。今回は、とてもユニークな視点からタバコの害を調べた論文をご紹介します。私たちの体内に知らず知らずのうちに取り込まれた残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants;POPs、ポップス)が、タバコによる健康被害を助長するというものです。北欧諸国最古の大学であるスウェーデンのウプサラ(Uppsala)大学の研究者らが報告しました。
さまざまな食品や日用品に含まれている内分泌かく乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)は、ヒトの生殖能力を損なう可能性があるという研究が発表された。
耳垢のタイプは人種によって違うことを示唆する調査結果が発表された。耳垢に含まれる、匂いの元になる化学物質の量が、人種によって異なるのだという。