kaimin

睡眠コンサルタントの友野なお先生に教えていただきました。
規則正しい生活だけでは快眠はかなえられません。
立ちっぱなしの仕事は『冷え性』になりやすいことは多くの人がご存知ですが、実は、デスクワークが中心の座りっぱなしの仕事に就いている人も、冷え性に悩む方が多いです。
冷えた身体は眠りを妨げますので快眠とは遠ざかってしまいます。眠りにつきにくい状況になる前に対策をとりましょう。
日々のストレスを忘れて、快適に眠ることができる日本の民宿7つを紹介する。質の良い睡眠を求めることは、もはや贅沢ではなく、人生に不可欠なことだろう。
快眠のヒケツは“寝返り”にあり。「旅先で眠れない」そんな悩みの解決方法を探るべく専門家に話を聞いてみたところ、4つのポイントが見えてきた。
PRESENTED BY エアウィーヴ
枕メーカーの「ロフテー株式会社」の睡眠改善インストラクター・矢部亜由美さんに、正しい睡眠についてお話を聞きました。
本格的な夏到来! 暑さで眠りが途切れがちになりますが、睡眠の工夫を始めていますか? なぜ夏に寝苦しいのかといえば、日本の夏は高温多湿で汗が蒸発しにくく、体温が下がらないからです。布団の中の温湿度のことを寝床内気候(しんしょうないきこう)といい、温度は体温よりやや低い33℃±1℃、湿度40~60%が快適と感じます。これは一年を通して変わらず、室温が低い冬は暖かい布団を掛けて33℃を保ち、暑い夏は掛けるものを薄くして温度を調整しています。
ストレスが多い日々の中、今日はなんだか眠れない、そんな日もあると思います。睡眠は自律神経と連動していて、眠れないときは交感神経が優位になっているので、リラックスモードの副交感神経を働かせることが大切です。