kaisan-sosenkyo

どんな政策に関心を持っているか、意見を募るアンケートが始まりました。
菅義偉氏が首相に就任した翌日、早速会食をした三浦博史氏は、「選挙のプロ」として知られる。ネットでは「解散総選挙も近い?」の声も。
「風向きが突然変わることはしょっちゅうなのだ」
大人になるとは、理想を忘れることではない。
20年前の国会で野中広務氏が警告した事態になだれこむ危険性を感じます。
小池知事も国政の選挙に影響を及ぼそうとするならぜひ、出馬して頂きたいですね。
対する野党側は波乱の展開になっている。
タイミングが「臨時国会冒頭」である必要があるのでしょうか。
この三連休の話題はやはり解散総選挙についてが中心となりました。
党名に「ファーストは入らない」と若狭勝氏
4月29日に就任100日を迎えるトランプ政権について書くつもりでいたのだが、Brexitにかかわる思わぬニュースが飛び込んできた。
メイ首相は危険を冒しているのか?
「我々には総選挙が必要だ。そして、総選挙が今必要だ」