kaisan-sosenkyo

神奈川7区の鈴木けいすけ候補の応援に午後一杯入って、滋賀に行くために新横浜から夜8時前の新幹線に飛び乗りました。
すでに複数の有識者が指摘していますけど、この掲示板はデジタルサイネージ等に変えることはそろそろ真剣に議論しても良いのではないかと感じます。
12月14日に投開票される衆議院選。各党のマニフェスト(選挙公約)へのリンクをまとめた。各党のPDFを一括してZIP形式でもまとめている。なお、社民党は2日20時現在、PDFが公開されておらず、ZIPには含まれていない。公開され次第、追加する。
私の地元東京12区(北区全体と足立区の一部)は、何を隠そう前回の2012年衆院選で、棄権票(白票)が日本一多い地域でした。その大きな要因は、ずばり候補者です。
ネット選挙解禁後初めてとなる衆議院選挙を前に、衆議院選挙におけるネット選挙の重要性を考えてみたいと思います。
「お前、神聖なる選挙を何だと思っているんだ」等、今から罵声が飛んできそうな空気が満ち満ちているのを感じます。とはいえ、これを機に、皆さんが政治に、選挙に少しでも興味を持ち、投票所に足を運んでもらえれば、望外の喜びであります。
早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。
今の日本にとって、また、将来の日本を考える上で、「インフレ」と「デフレ」どちらが適切なのか━━アベノミクスがインフレを指向している政策である以上、それを争点にするのはそういうことになるのだ。
社民党は、同性愛者であることを公表した石川大我・東京都豊島区議を、次期衆院選で比例区東京ブロックの単独1位に擁立する方針を決めた。
問題は、再増税を延期した17年4月までにデフレ脱却を確かなものにし、景気を好循環に乗せられるか。今回の総選挙はこの点をこそ、争うべきなのだ。与党は公明党に阿(へつら)って軽減税率の飴玉を掲げるだけでよいのか。野党は整合性のある対案を提示できるのか。