kakuheiki

「原爆が戦争終結を早め、50万人のアメリカ人の命を救った」という神話はなぜ今もアメリカの社会規範であり続けるのか。核意識の形成に、エンタメが果たした役割とは。専門家に聞いた。
長崎に原爆が投下されてから77年。7万人以上が犠牲になった長崎への原爆投下について、写真で振り返ります。
広島・長崎市長は連名で、「地球上に、広島、長崎に続く、第三の戦争被爆地を生むことは絶対にあってはならない」とプーチン大統領に抗議文を送った。
プーチン大統領は、「最新兵器でも優位性がある」とも主張した。
10月24日、貧血による不整脈のため、広島市内の病院で死去した。通夜・葬儀は25、26日に家族のみで営まれたという。
7万人以上が犠牲になったと言われる、長崎市への原爆投下。凄惨な記録を振り返ります。
7歳の時、広島市で被爆した児玉三智子さん。強調したのは、被爆から生き延びたあとでも受け続けた、傷のことだった。核兵器禁止条約への思いを語った。
「核兵器の終わりの始まりです」。ICAN国際運営委員の川崎哲さんが発効される条約の意義を語った。
韓国の北朝鮮専門家は「ここまで具体的で露骨な公表は初めて」と驚く。
ICANのベアトリス・フィン事務局長が、オンラインでのインタビューに応じ、条約の意義を改めて強調した。