kanja

新型コロナウイルス感染後に重症化したイギリスの30代の女性。「自分は大丈夫だと思い込まないで」と集中治療室から呼びかけています。
小川誠司・京都大教授は「がんの初期の発生を解き明かす大きな手がかりだ」。
この女性は、震災直後の2011年4月には、右胸のしこりを自覚していた。しかし、女性が南相馬市立病院を受診したのはそれから3年3カ月後だった。
病院によっては「チーム医療」を結成し、患者さんをどう治療するか戦略を練っていくところもあります。しかし、患者は一人です。
何でもフラットに発言できる関係性ができていることが、さまざまなプロジェクトが立ち上がるポイントだと思っています。
6年前に現在の院長が就任し、地域の自治体立病院としての役割をしっかり果たすことを明確に打ち出してからは「断らない病院」を目指しています。
両者の心の痛みを最小限に留めることができるのは、良心を持ち合わせるべき東京地方裁判所に他なりません。
長谷川豊さんと女性患者の対談について「取り込まれたのでは?」「なぜもっと強く抗議をしなかったのか」という疑問の声に、女性患者の野上さんがハフポスト日本版に改めて寄稿した。
彼らは個性のない病院のガウンを毎日着るのにうんざりしていた。