kansaidenryoku

原子力規制委・規制庁にしてみれば、"原子炉と関係ない部分でもトラブルを起こすな!"と言いたいところではないだろうか。
原子力発電所を巡って、全く異なる2つの司法判断が下された。端的に言うと、司法権力者にも行政権力者にも「事実誤認」が多いという話。
2011年の福島第一原発事故以来、事故を起こした福島第一原発以外の廃炉が決まるのは初めて。
企業にも"遺伝子"がある。合理的に説明がつかない経営判断でも、その企業の歴史に照らし合わせれば納得できることが往々にしてある。例えば、関西電力。
阪神大震災から20年という節目の年です。そこで、というのも変な言い方ですが、関西電力が「20歳の神戸」というCM動画を制作して公開しています。
「運転によって人格権が侵害される具体的な危険がある」と、大飯原発の再稼働を差し止める判決を出した福井地裁の樋口裁判長に、心からのキスを贈ります。
福井県おおい町の関西電力大飯原発3・4号機の周辺住民が、関西電力を相手取り運転差し止めを求めていた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は、運転差し止めを命じる判決を言い渡した。
NHKなどの国内各メディアによると、福井地方裁判所は21日、関西電力<9503.T>大飯原発3・4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めないとする判決を下した。同原発をめぐっては、住民らが関電に対し、再稼働の差し止めを求める訴訟を起こしていた。
電力会社による政府系金融機関への資金支援要請が相次いでいる。このまま「経営無策」を続ければ、値上げや公的資金の注入を繰り返し、国民負担を増大させることになるだろう。
東京電力はほかの電力会社管内で電力販売に乗り出す方針を固めた。来年度にも企業向けから始め、2016年度に電力小売りの全面自由化が始まれば家庭向けにも参入する。最大手の東電が他社管内に進出することで、電力大手間の競争が本格化することになる。