kansen

さいたま市がすべての辞退を決めるなど、キャンセルする動きが埼玉県内で相次いでいる。
事業所の入り口がハトのフンで汚れており、菌を吸い込んだ可能性があるという。
感染者が急増した国や近隣国などが対象で、カナダやメキシコ、インド、韓国、パレスチナ自治区などが受け取るという。
出欠について、都教委は「校長が判断」とした上で、「子どもたちの不利益にならないような方向で対応してほしい」と呼びかけている