kanyo

フランスのジェラール・コロン内務相が、8月6日掲載の仏紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」のインタビューに答え、政府の難民政策の方針を明らかにした。
「私たちがほんのちょっと寛容であることで解決する問題もたくさんあるんじゃないか」(小国士朗)
オランダで感心することがある。民主主義の徹底とその透明性だ。
他者に対する「寛容」はまさに国際議論の大きなテーマになってきているのではないか。
異なる価値観を持つ移民を何世紀にもわたって受け入れてきたオランダ。ステレオタイプ的かもしれないが、この「寛容の国」で、一体何が起きているのだろうか。
だが、ちょっと待て!我々は、まさに自由のために闘っているのだ。
栃木県今市市(現・日光市)で2005年、市立大沢小学校1年の吉田有希さん(当時7)が下校途中に連れ去られて刺殺された事件で、別の事件で逮捕、起訴された30代の男が関与をほのめかす供述をしていることが4月17日、わかった。