『将棋めし』作者・松本渚さんが語る棋士と食事のユニークな関係とは
いまからおよそ30年前、将棋界から忽然と姿を消した「伝説の棋士」の近況を聞いた。
現役時には、烈々たる闘志を隠そうともせず、盤に向かうことで知られていた永作芳也氏。谷川浩司、島朗、羽生善治…煌めく星のような一流棋士達と、どんな戦いを見せたのか。なぜ棋士の身分を捨てたのか。
2017年も早くも折り返し点を過ぎた。ハフポスト日本版で人気を集めた記事を中心に、ネットで話題になった人物をスライドショーにまとめてみた。
「この先の勝ち星も敗戦も、そのすべてを御自身の力にかえて人々のこころに感動を与える棋譜を数多く紡いでほしいと願います」
加藤一二三九段(77)が6月30日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館で、引退後初めての記者会見に臨んだ。