keihinhyojiho

携帯型の空間除菌用品は品薄が続いているが、消費者庁はその表示について、「裏付けとなる合理的な根拠がない」と注意喚起を行っている。
「ローストビーフ」と謳っていた肉が、実際には赤身のブロック肉を切断加工したものを加熱して決着させた成型肉だった。
格安スマホ「フリーテル」の広告に、消費者庁から「待った」がかかった。
消費者庁は10月3日、消費者に誤解を与える不当な表示を取り締まるため、課徴金を科す新制度の概要を自民党消費者問題調査会に提示し、了承された。
誤表示の原因について、阪急阪神ホテルズは「景品表示法・JAS法の理解不足があった」と説明しているが、法的にはどのような問題があったといえるのだろうか。また「だまされた」格好の客は、返金を請求できるのだろうか。