keihokaisei

性犯罪の刑法改正を議論する法務省の検討会がスタートしたことを受け、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウが改正案の叩き台を公表した。
暴行脅迫の要件撤廃は?性交同意年齢の引き上げは?性暴力の被害の実態に見合った刑法となるよう、改正を検討する議論が始まった。
この日の公判は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、傍聴席は間を2席空けて着席することになり、23の傍聴席を求めて207人が列を作った。
3月8日の国際女性デー。性暴力に抗議するフラワーデモが、全国各地で開かれました。
「同意がない」と認定されながら、無罪となる性被害の判決が3月、立て続けに起きていた
元AV女優で、現在は写真家・画家として活動する大塚咲さんは不満を感じている。
7月13日に施行された、性犯罪の厳罰化や、被害者の告訴がなくても起訴できるようにすることなどを盛り込んだ改正刑法。どう変わったのか、わかりやすく解説します。
元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏から性犯罪を受けたとして、警視庁に準強姦容疑で被害届を出していた女性が29日、東京地検の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。
元タカラジェンヌの東小雪さん、女優・映画監督の水井真希さんが、それぞれの被害体験を語った。
政府は3月7日、刑法の性犯罪規定部分の改正案を閣議決定した。今通常国会で審議入りする見込みである。