keiyakukekkon

「正規ルート」から外れ、“普通”ではない家族を「つくって」いる人とたくさん出会った。愛と家族のかたちに正解なんてないことは、今となっては自明だ。
どうして私は法律婚を選ばなかったのか。パートナーと「契約結婚」に至った理由を書いてみたい。
「恋愛は向いていませんでしたが、誰かと一緒に生きていきたいとずっと思っていました」
契約結婚する男女のラブコメディだが、晩婚化や派遣切り等さまざまな今日的課題が背景にあり、多くの視聴者には日常生活を通じた等身大の共感があるのかもしれない。