keizaiseisaku

家計の消費と貯蓄に関する理論では、将来の不確実性の高まりに対応して貯蓄を行うことを「予備的動機に基づく貯蓄」として捉える考え方があるが、歴史がこの「予備的動機に基づく貯蓄」を強く支持している。
政府は空き店舗が立つ土地への課税強化を検討する方針を決めた。「シャッター通り」の増加が大きな課題になっているが、空き店舗活性化を妨げていると指摘されてきた。
日本国家にも保守主義にも残された時間は少ないと思うのです。
自民党が政権にある限り、経済政策は現状維持プラス・アルファが続きます。それは、緩やかな衰退とも見え、危機のエネルギーが蓄積する過程とも見えます。
10%への引上げができる経済状況をアベノミクスによって実現するという安倍政権の公約が失敗したことは明らかです。
円安は大手の輸出企業に一息つかせる効果はあった。民主党政権ではそれができなかった。効果は認めよう。しかし…
年3%ずつ上がったらどうなる?各都道府県ごとに計算すると……
アルゼンチン大統領選挙は野党候補のマウリシオ・マクリ氏が勝利しました。マクリ氏はビジネス寄りの政策を打ち出しており、国際金融界から同国が見直される可能性が......
放っておくと立ち行かなくなる年金資金について、株式で運用せずにどう対処していくのか?是非、代替案を示して欲しい。