kenchiku

隈研吾さんと手がける、UR都市機構の「団地の未来プロジェクト」が10年目に突入。「佐藤可士和展」にてトークセッションが開かれました。
PRESENTED BY UR 都市機構
「場所の意味を変えられるくらいの建築の力を引き出すには、建築を使う人々の想いが必要」
「場所の記憶や意味を掘り下げて建築をつくることに向き合っていけばいい」
かなり恥をさらしているので、同業の人は読まないでくださいね(笑)。
あまりに均質化したこの室内風景を「おかしい」と思うことが大切なのではないか
中国の華麗なる高級ホテルをご紹介。