kenshui

病院が接触者を調べたところ、研修医40人が会食を行なっていたことがわかった。
実は今後の日本の地域医療に対してもっと重大な悪影響を及ぼすことが二つある。
吉村氏に願う。今一度、制度を白紙に戻し、多様性のある自由度の高い新専門医制度の設計を、現場や若手医師を入れて議論をするべきだ。
容疑者の学生3人の氏名も公表された。
医学部6年生にとって緊張の瞬間が近づいている。研修病院を決めるマッチングだ。今年も10月20日に結果が発表される。
福島県・浜通りの病院での勤務経験は若者を成長させる。本稿では南相馬市立総合病院の初期研修医である山本佳奈さんをご紹介したい。
今回は福岡出身としての私から見た真冬の北見と、初期研修医としての私から見た冬のオホーツクの医療について簡単に紹介させていただきます。
学生と話をしていると、必ず聞かれるのは「やっぱり総合病院の方がいいでしょうか」「新しい専門医制度になるので、大学病院じゃないと不利でしょうか」という2点だ。
南相馬の初期研修医だからこそ経験できていることは、数え切れない。だからこそ、マッチングから一年が経った今思うことを正直に書きたいと思う。
南相馬での研修は、ある意味で他の病院での研修とは大きく異なっているといえる。