kigyobunka

パーパスとは、ビジネスが世界に果たせるユニークでポジティブな貢献を意味する。企業責任ではない。チャンスのことだ。
「長期の投資家になればなるほど、見えない価値をどう見える化するかに関心を持っている」
シャハランさんの眼を通した見た企業文化とは。そして、日本にとっての損失とは?大学生に語りかけた特別授業を通じて考えます
武蔵野大学を訪れたイラン出身の石野シャハランさん。大学生たちに行った特別授業で訴えた「外国人社員との共生」とは。
「"大西洋の向こう側"の政治手法からやや影響を受けすぎているのではないか」とマクロン氏を批判する声はたびたび上がっている。
企業に携わることで、第三者だからこそ感じ得る様々な面が見えてくる。それは、その企業の社風であったり、社員のタイプであったり、雰囲気であったり、いわゆる「カラー」などと集約され、評される部分である。
中小企業は大企業になる前の「子供」ではないし、大企業の下請けではないとの考え方が強くあります。