kodomonokenri

「ROCKET」の5年間をまとめた『学校の枠をはずした』の発売を記念して、代官山 蔦屋書店で6月、中邑賢龍教授と料理研究家、土井善晴さんの対談が行われた。
国が「極めて非常識」と指摘してから16年。今なお男女が同じ教室で着替えている学校の実態が、アンケートの結果から分かりました。
国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が、体罰等に関する意識調査を実施した。体罰を「容認」する人は2017年よりも減少したものの、未だに5人に2人が容認している結果となった。
日本には子どもについての包括的な権利を定める法律がありません。子どもの権利を守り尊重するために、必要な法律があります
「子どもの安全を守るのは国の責任」と話すブルース・アダムソンさん。なぜ子どもの権利を守るのが大切なのか聞きました
宗教などにハマる親によって子どもの命が奪われる事件は今までに何件も起きている。
12年、ミャンマーでは60年以上続いた紛争の停戦合意が結ばれた。暴力や迫害が日常化していた地域で子どもたちを保護するための取り組み。
別れた父親(もしくは母親)に会わない方が、子どもの健全な成長に資することはいくらでもあります。