kodomoshokudo

「政府備蓄米」のうち、10〜20%もあれば、貧困世帯の子どもたち全員にお腹一杯になるくらいの米が配れるはずなのです。
月に一度提供される野菜は、子ども食堂での食事や弁当の食材として活用される。使われなかった農産物は持ち帰ってもらい、各家庭でも楽しんでもらうという。
休校が長期化し給食がない中、子どもたちの食を支える「命綱」となっているこども食堂。感染防止のため弁当配布に切り替えた団体からは、支援を必要とする世帯が増え資金不足に喘ぐ声も上がる。
埼玉県とコカ・コーラ、埼玉県社会福祉協議会が締結した協定により、対象の自販機で飲料を買うと、売り上げの一部がこども食堂設置のための補助金として活用される。
曲名は「民Say!Rap!」。若者に人気のラッパー、晋平太さんが監修をしており、動画では民生委員の活動の様子も紹介されている。
思い切って行動するひとは、どこかで考えることをやめ、「思う」ことを断ち切って、一歩を踏み出せる。