koho

医療コミュニケーションについて語りあう「SNS医療話」。病理医ヤンデル先生こと医師の市原真さん、医師で現在は米国でがん研究をする大須賀覚さん、編集者のたらればさんと話し合った。
12月28日に放送されたTBSの『ジョブチューン』の収録現場では、千葉ロッテマリーンズの井上晴哉選手と笑顔でツーショットを見せていたアジャコングさん。一体なぜこんな事に...?
ベンチャーでこそ得られる広報・PR職の成長機会について見ていこう。
PRESENTED BY エン・ジャパン
誰もがTwitter1本で「宣伝」ができる時代。2019年にふさわしい広報のあり方をハフポスト日本版が公開インタビュー
発表から約1時間半後の午後1時時点では、Twitterの首相官邸アカウント(@kantei)の視聴人数は350万回だった。
広報活動は何も大企業だけのものではない。中小企業経営者こそ広報を見直してみてはどうだろうか。