kokoku

9月22日付の朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞に見開きの意見広告が掲載された。
世界最大級のコンテンツ・リコメンデーション企業タブーラは、今年6月に上場し、7月にはeコマースマーケティング企業Connexityを買収。eコマース市場を切り拓くチャレンジがこれから始まる。
PRESENTED BY タブーラ
医療コミュニケーションについて語りあう「SNS医療話」。病理医ヤンデル先生こと医師の市原真さん、医師で現在は米国でがん研究をする大須賀覚さん、編集者のたらればさんと話し合った。
増加する自然災害、縮まらないジェンダーギャップ…社会の課題は山積みだ。SDGs達成のために、広告には何ができる?popIn株式会社の西舘亜希子さんと、SDGsの日本語コピーを開発した博報堂の井口雄大さんと考えてみた。
PRESENTED BY popIn
喜び、痛み、 愛情、憎しみ……生理などの体験や感情は「単純ではない」とのメッセージが込められている。
「おそらく女の子ですよ」。医師からそう告げられた夫婦は、最初は喜ぶものの...。
ジャーナリストの治部れんげさんが講師をつとめ「内部でおかしいと思っている人はいるのに、その方たちの知見が生かされていない」などと指摘した
「女性がもっと自分らしく生きるためには、自由に生きることが大事。姓の選択はその一つだと思います」
「人種などのデリケートな問題をオープンに議論する習慣がない日本では、激しい議論を呼んだ」
青と赤をあわせて団結の力を示したというが、ネットでは「そんな簡単じゃない」と批判され、冷ややかなコメントが相次ぐ。