国交省の調査で、20代男性の休日の平均移動回数が大幅に減少したことがわかった。
空き家を活用した住宅セーフティネット事業は、今年の秋に開始される予定です。
住宅セーフティネット機能を強化すると言うのであれば、低家賃の住宅がふんだんに供給されるようにならなければ、「看板倒れ」と言われても仕方ないでしょう。