koreikashakai

今回、取り上げるのは被相続人の預金の取扱である。預金とは正確に言えば、預金債権という財産権のひとつである。
福祉の国では高齢者ケアも充実してる?
超高齢化社会の進展による日本社会の衰退と崩壊を、移民受け入れで解決すべきだ――。
「日本で一番住みたい団地」とも言われている大山団地では。2004年以降孤独死ゼロ。
これからの介護や看取りのありかたとは?
3世代同居を促進するということは、現役世代から介護保険料を取りながら、祖父母の介護を現役世代に押し付けることに他ならない。
日本では、合計特殊出生率が低い状態が長期間継続している。今後、一貫して出生数が減少し続ける。このため、20歳から64歳の現役世代が減少し続ける。
外に出て、人と会って対話をする、こうしたことだけでもかなり脳内に血流は流れていく。
毎年この時期はお盆を理由に欠かさず帰省している。10年くらいの間に父母の死が相次いだこともあり、さすがに他の予定を入れることははばかられる。
国民の健康を守るために、砂糖に課税してはどうか――厚生労働省の有識者会議は、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求めることなどを盛り込んだ提言書をまとめた。
ここでは、「指定代理請求制度」の指定代理請求人の範囲として規定されている、「3親等内の親族」について取り上げることとしたい。
少子高齢化が急速に進む日本。年金、医療、介護など社会保障の費用が増え続け、そのツケが赤字国債などの形で将来世代に先送りされるなか、日本の社会保障制度は大丈夫か。政府の社会保障制度改革推進会議で議長を務める慶應義塾大学の清家篤塾長に話を聞いた。
福島第一原発事故の際に現場へ最初に投入されたのは、お掃除ロボット「ルンバ」でお馴染みのアイロボット社のものだった。CEOに話を聞くと、ロボット産業のヒントが見えてきた。
PRESENTED BY iRobot Roomba
オランダ・アムステルダムから2時間ほど東、デーヴェンターに「ヒューマニタス」という老人ホームがある。
国立社会保障・人口問題研究所の予測(※)によれば、2035年には3人に1人が老年人口(65歳以上)となる高齢化社会先進国の日本。一体「老後」に対してどう思っているのだろうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
「リビング・ラボ(Living Lab)」という言葉をご存知だろうか。筆者も最近知ったところであるが、それは「住民(ユーザー)と"共創"する拠点」を指し、一つの新たな調査研究及び事業開発の手法としていま注目されている。
「おしかけヘルパー」と“ワケありクセあり”高齢者との交流を描いた、安藤サクラ主演の映画『0.5ミリ』が11月8日、有楽町スバル座他で公開された。脚本・監督を手がけたのは、安藤サクラの実姉・安藤桃子さん。社会の居場所をなくした高齢者にスポットをあてた本作は、8年におよぶ祖母の介護が原体験となって誕生したという。
"年齢に関わらず活躍し続けられる社会"にしていくことは、国民の健康や生きがい、社会の活力の維持、医療・介護費の適正化の観点から、時代の要請となっている。