kotsukeiickado

他にもICOCA、PiTaPa、manacaなどの交通系ICカードの情報をまとめました。
新iPhoneが日本のFelica規格、つまり「おサイフケータイ」に対応し、対応する公共交通機関の自動支払いに対応すると報じました。
「大都市交通センサス」を開始した1960年には、交通系ICカードは存在しなかった。
1980年代中盤、電電公社(現在のNTT)がテレホンカード、国鉄(現在のJRグループ)がオレンジカードを世に送り出した頃から、磁気式プリペイドカードが普及した。しかし、今は携帯電話や交通系ICカードにとってかわられており、それらを見かける機会はかなり少なくなっているようだ。
JR東日本は2015年2月18日、「東京駅開業100周年記念Suica」申込受付状況を発表した。
「東京駅開業100周年記念Suica」の購入枚数が約170万枚だという。"「ミリオンセラー」という名の大ヒット"となった要因を挙げておきたい。
夕方以降のニュース番組で、東京駅の大混乱が報じられていた。しかもトップニュース。マスコミ各社は「東京駅開業100周年」を盛大に祝うはずがトラブルを報じるハメとなった。
私は、車内改札がわずらわしいと思ったことは1度もない。なぜなら、"当たり前の光景"だから。きちんと正規のきっぷを買えば問題ないし、万一乗り間違えや乗車区間の変更などが生じたときは、車掌がきちっと対応してくれる(客の立場としては、お手数をおかけしているので、申し訳ない)。
最近、列車内や街を歩いていると、腕時計を手首にはめていない人が多いことに気づく。生活必需品のひとつなのに、"なぜしないのか?"と気になっていた。腕時計を使わない理由は単純だった。携帯電話さえあれば、腕時計は必要ないからだ。