kudokankuro

『俺の家の話』は発達障害を「当たり前」として描く、稀有なドラマだ。脚本を務める宮藤官九郎は、過去にもドラマ『ゆとりですがなにか』で学習障害について、ふれていた。
「言うべきことを誤解のないよう文章にまとめたので、読んでもいいですか」と切り出し、準備していた文章を読み上げた。
連続テレビ小説『あまちゃん』を手がけた宮藤官九郎が脚本を担当しました。
宮藤官九郎のオリジナル脚本で描かれる「いだてん」。オリンピックを舞台に、日本の近現代を描く大河ドラマがいよいよスタートする。
「大テレビドラマ博覧会」を主催する早稲田大学演劇博物館の岡室美奈子館長に、テレビドラマの魅力について話を聞いた。
宮藤官九郎が初めてNHK大河ドラマの脚本に挑む、2019年放送の第58作目のタイトルが『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に決定した。
TOKIOの長瀬智也と俳優の神木隆之介が、宮藤官九郎が監督、脚本を手がける新作映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年2月公開)に出演することが27日、わかった。
昨年の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)の脚本家としての活躍が記憶に新しい宮藤官九郎が、尾野真千子主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『極悪がんぼ』(4月14日スタート、毎週月曜 後9:00※初回15分拡大)に出演することが29日、わかった。宮藤が連続ドラマに出演するのは12年ぶり、同局の“月9”ドラマに出演するのは、2000年1月の『二千年の恋』以来、14年ぶりとなる。
大晦日の『紅白歌合戦』は冒頭から『あまちゃん』のオープニングテーマのメロディが一部入ったオープニングテーマ曲が流れて始まった。今回のオープニングテーマ曲は「64回だヨ!紅白歌合戦」。ドリフターズの『8時だヨ!全員集合』を思わせるふざけたタイトルだ。作曲したのは大友良英さん。『あまちゃん』の音楽を担当した人物だ。 
「あまちゃん」のどこがそこまで魅力的だったのか。最終回を前に、ハフポスト日本版が今まで取り上げた「あまちゃん」の記事をおさらいすることで、現実社会への波及効果を追ってみよう。