kurimia

鳩山由紀夫元首相が民主党の岡田克也代表を、「どうしようもない」と批判した。「役人の発想を超えられない」という。
ロシアのプーチン大統領は、15日放送の事前録画されたテレビ番組のなかで、約1年前にウクライナからクリミアを併合した際、核兵器の使用を準備していたと明らかにした。
鳩山由紀夫元首相のクリミア訪問をロシアのメディアはどう報じたのか。
鳩山由紀夫元首相がクリミア半島を訪問すると明言した。鳩山氏は日本政府による強い自粛要請があったことについて「外交をやるのは外務省だけではない」と反論した。
「ロシアのクリミア半島併合は、19世紀や20世紀の手法である。ウクライナの主権と国際法を破る行為を断じて受け入れることはできない」。2014年3月14日、ドイツのメルケル首相は連邦議会での演説で、ロシアを非難した。
91歳のキッシンジャー元国務長官は、西側諸国とロシアの対立に関して「わたしは現在の状況にとても心を痛めている。それはウクライナに平和をもたらすことも、国際秩序に安定をもたらすこともない」と述べた。
26日に行われたウクライナの最高会議(議会)選挙は、ポロシェンコ大統領が勝利宣言を行った。 出口調査によると、大統領が率いる親欧州の「ポロシェンコ・ブロック」が23%で得票率トップ、親欧米派の議会が誕生する見通しとなっている。
ロシアのプーチン大統領は31日、ウクライナ南部および東部の「国家としての地位(statehood)」に関する緊急会合の開催を呼びかけた。その後、ロシア大統領報道官は、大統領の発言は親ロシア派の同地域独立の主張にお墨付きを与える意図はないと説明した。
巨大な貿易圏の基礎固めを着々と進めているロシアのプーチン大統領だが、こうした動きに対し、かつての「ソビエト帝国」のようなものを再興しようとしているのではないかと懸念する声も聞かれる。
ウクライナで5月25日に行われた大統領選挙は、出口調査の結果、ペトロ・ポロシェンコ元外相の当選が当選確実となった。