m-a

今はドローン産業の黎明期。ITが産業として急激に発展した状況とよく似ている。同じように私達も今、勝負を仕掛けていく
PRESENTED BY エン・ジャパン
今後、具体的にどういった領域に挑戦していくのか。キーワードは5つの領域だ
PRESENTED BY エン・ジャパン
私たちが毎日乗っているエレベーター。身近な乗り物なので、意識をせずに使っている人がほとんどだろう。エレベーターのビジネスモデルはどうなっているのだろうか。
「働き方改革」の実現に向けて、労働組合や労使関係への期待が高まる一方、それを否定・破壊するような動きが出ている。
ベンチャー関連M&Aについては、ここ数年でスタートアップの資金調達が急増した、フィンテック分野でのM&Aが活発化しそうな予感があります。
米国ではIoT分野のM&Aが相次いで発表されており、調査会社のIDCによると米国IoT関連の投資は2.6兆円に達する見込みとのこと。
参考になりそうなポイントを「シリコンバレーで成功する7つの秘訣」としてご紹介したいと思います。
Mtellは、ソフトウェア企業で、石油ガス、鉱業、化学、輸送、製薬、下水処理業界向けに予測メンテナンスによって資産の稼働率を最適化するソリューションを提供。
データのソースでもありユーザでもある投資会社との関係強化、クラウドソーシングの無料データベースとの連携などにも取り組んでいます。
日本企業によるシリコンバレーへの投資となると、これまではNTTドコモなどの携帯キャリアなどが中心のイメージでしたが...
ウォルト・ディズニーがTwitter買収の可能性に向け、金融アドバイザーと検討をはじめたことが報じられた。
建機メーカーの業態変化に歩調を合わせて新しい商機をつかんでいく必要がありそうです。
海外M&A人事に詳しい森範子氏が、統合プロセスの失敗例から学ぶヒントを語ります。
社がどのような状態にあるかを外部から正確に知ることは難しいが、企業の採用活動からある程度推測することができるので、それを紹介したい。
「グローバル企業」といわれるようなアジアの大企業のカルチャーの中でも特に人事慣行に焦点を当てて、その特徴を述べてみたい。
FacebookのInstagram買収、ソフトバンクのボーダフォン日本事業買収の時の額と比べてみたら…
鴻海によるシャープの買収の大詰めで、鴻海が買収を延期した。この人たちはいったい何をやっているのか?
スタートアップにチャレンジし続けるMasaaki Hatanoさんの人生哲学とは?
PRESENTED BY エン・ジャパン