machizukuri

地域の資源を活用したサステナブルなまちづくりとして、国内外から注目を集める「グリーンインフラ」。UR都市機構の最新事例に迫る。
PRESENTED BY UR都市機構
埼玉県北本市、関東最大級の縄文遺跡に隣接するUR都市機構「北本団地」。少子高齢化、人口流出... 私たちが抱えるさまざまな課題解決につながるプロジェクトが進行中です。
PRESENTED BY UR都市機構
ストリート・メディカルとはどのような概念なのか? 世界が新型コロナの感染拡大に翻弄されるなか、私たちはどのような社会や街づくりを構想するべきなのか?医師の武部貴則さんにお話を聞いた。
2021年、日々変化する「新しい生活様式」。まちづくりの視点から、考えてみました。
PRESENTED BY UR都市機構
SDGsの1つ「住み続けられるまちづくり」を実現するために重要な、都市公園の活用を考察する。
開発途上地域から、先進国の大都市まで。世界で評価される、日本ならではの都市計画とは
PRESENTED BY UR都市機構
これからの地方創生は「SDGs」を中心に据えよう- 第2回未来まちづくりフォーラム
「国家プロジェクトの街を、地域のみんなで育てたい」その狙いとは?
PRESENTED BY UR都市機構
場所はあるのに交流が生まれない。そんな課題を解決したのは、とある“異業種タッグ”
PRESENTED BY UR都市機構
どこにでもあるような観光空間を再生産するのは時代遅れ。その場所にしかない独自の資源を活かし輝かせ、今に表現していくようなまちの再構築が評価される時代がきたと言えるのかもしれない。
団地から東京スカイツリーまで。日本のまちづくりから見えるものとは?
PRESENTED BY UR都市機構
現在のまちづくりの方向性は、「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」だ。
【カリスマホストの裏読書術 #8】山崎亮 『ふるさとを元気にする仕事 』
あなたの地元に活気はありますか? 過疎地になっていませんか?
農家さんの生活にゆとりを。地域の成功体験をつくりたい
もっと福井県のまちづくりを考えていこう、という(会社の)ミッションのもとスタートしました。
東京オリンピック・パラリンピックのレガシーをどうつくっていくべきかが主なテーマです。
街の清掃活動や街づくりをサポートするNPO。東京オリンピック・パラリンピックを見据えて活動を続けます。
自分は人に変えてもらったから今度は周りの人に何かしたいなという想いが強くて、それが少し対象が広くなって、自分が生まれた地域に貢献したいと思うようになりました。
公民連携によるまちづくり「オガールプロジェクト」を10年がかりで進めてきた岩手県紫波町。2017年4月に最後のエリアの整備が終了、その中核となる公民連携施設「オガールセンター」のグランドオープンを迎えた。年間100万人が集まる町の秘密とは?