mainoriti

「ムーミン」の生みの親であり、フィンランドが誇る芸術家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『トーベ』が公開中だ。実は、ムーミン以前の彼女が何を描き、誰を愛し、どのように芸術の道を切り拓いてきたかは、あまり知られていない。
日常にあふれる「マイクロアグレッション」。「そんなに怒るほどのこと?」と感じている人にこそ見てほしい、2分間の動画があります。
暴力的な家庭に居場所を見いだせず、スケボーを通じて出会った少年たちの成長をエモーショナルに綴るドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』。トランプ政権を誕生させたと言われるアメリカの現実が描かれる。
全4回にわたってお伝えしている台湾のデジタル担当大臣オードリー・タンさんのハフポストLIVE 。台湾でトランスジェンダーを公表した初の閣僚のタンさんは、「みんながマイノリティーになりうるという感覚を」と語ります
D&Iをどうやって社内に浸透させていくか。専門家と先進的な取り組みを行う企業と一緒に考えました。
パラリンピックまで1年。違いを受け入れ、支え合う芸術祭が始まります
シリアスなストーリーに反響広がるNHKドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」。ゲイの高校生・純を演じた金子大地さんにインタビューした。
"食の制限"を抱えながら日本で生活するには、どんな大変さがあるのだろう?
留学で体重が8キロ増えた。でも、その経験が私に"アタラシイ時間"をくれた。
毎年の12月10日は「人権デー」で、12月4日から10日までが「人権週間」で、12月は「人権月間」となっている。
そう、この映画の大きなテーマは「マイノリティ」だ。
一番大切なのは、個人の認知の特性や性格特性を踏まえて、自分らしく生きるってことだね。世の中のルールに自分の性格を合わせていくとしんどいぞ、って伝えたい。
人はどうすれば、自分とは異なる他者と、同じ社会で、同じチームで、力を発揮していくことができるのでしょうか。
私たちの社会は「血」こそが忠誠の証明だと、頑なに信じてはいないか。
一つ象徴的なのは、国会議事堂前を行進することです。白亜の大理石建築を背景に、多くのレインボーの旗が振られ、栄えました。