manejimento

「部下育成に対して自信はありますか?」と伺ったところ、76%の方が「自信がある」と回答しました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
米国企業では、CEOを内部から輩出できる人的資源の厚みがないようでは競争に勝てないという考え方が支配的だという。
新人は「無力感」を感じがちなようです。僕自身、学生時代の根拠なき自信が消滅するくらい「俺って何もできない!」と思わされました。
もっとも多いダイバーシティへの取り組みは「女性の採用・登用」、もっとも少ないのは「LGBTの採用・登用」でした。
PRESENTED BY エン・ジャパン
新卒を採用するという選択をしている以上、期待の力点は即戦力とは別のところにあると考えるべきです。
過重労働防止のための取り組みとして、正社員や派遣社員などの増員よりも、業務フローの変更や、社内ルールの整備を優先している企業が多いことが分かりました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
イスラム教徒のメンバーは時間になると勤務の手を止めて祈りを捧げ、金曜夕方にはスナックとビールを片手に談笑が始まる……。
PRESENTED BY BMW Japan
「チームリーダー=メンバーの上に立つ人」ではなく、ひとつの役割に過ぎないということ。
PRESENTED BY エン・ジャパン
35歳転職限界説が崩壊、知識や経験のあるミドルは、今や「モテ人材」。転職で成功するミドルにはどんな特徴があるのでしょうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
管理職層であるミドル世代に求めらているのは、経営トップが描く「ビジョン」と社員が直面する「現実」をつなぐ「架け橋」になることです。
PRESENTED BY エン・ジャパン