mangaka

『はじめの一歩』森川ジョージさんは「寒気がするほどの才能の塊でした」と三浦さんとの出会いを振り返りました。
「まさか大沖先生の絵で新型コロナのレポ漫画を読めるなんて」「違和感を感じたらどうすべきか分からなかったのでメチャ参考になりました」などの声が寄せられています。
「普通でないなら、もう漫画家はやっていけない」 。そう思っていたという漫画家・細川貂々さんは、どう非定型発達の特性と付き合ってきたのか?
多くの漫画家にとってバイブルともいえる『まんが道』。本作は若い人たちにこそ、読んでほしい。世代が違うからこそ感じる発見や新鮮な読書体験が待っているはずだ。
約20年続いたシリーズの続編『おいおいピータン!!』1巻が発売された。クスっと笑える日常を描き続ける漫画は、日常って悪くないかも、愛おしいかも、というような気づきをくれる。
「面白い漫画を書くためには、面白い自分でいなくては…」というプレッシャーで飲み続けた結果、アルコール依存症と診断された、まんきつさん。「スリップ」(再飲酒)と隣り合わせの日々とは、一体どのようなものなのだろう。
80年代を代表するラブコメ漫画の作者の訃報に、漫画家仲間から追悼のツイートが相次いでいる。
壇蜜さんは清野さんについて、「いつも物静かで優しい方で、どこか私の父のよう雰囲気もあり惹かれていった」と述べています。
『愛してるぜベイベ★★』などで知られる少女マンガ家。『きらめきのライオンボーイ』が最終話を迎えたことを受けて発表しました。
小池さんが講師を務め、独自の魅力的な登場人物の描き方である「キャラクター原論」を教えた小池一夫劇画村塾には、漫画家の高橋留美子さんや『北斗の拳』の作画を担当した原哲夫さん、ドラクエシリーズのゲームデザイナー堀井雄二さんらそうそうたるメンバーが集っていた。