mareshiakoku

カナダの元航空事故調査官ラリー・バンス氏が発表した。
マレーシアのナジブ首相は6日、インド洋のフランス領レユニオン島の海岸に漂着した飛行機の残骸が、昨年3月に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の翼の一部と確認されたと明らかにした。
イギリス人のシニアパイロットがマレーシア航空370便が消えた謎を解明したかもしれない。
ロシア国営テレビは11月14日、7月にウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機MH-17便の、墜落直前とされる衛星写真を入手したと伝えた。しかし、この画像について、複数のネットユーザーが捏造の可能性を指摘。ウクライナ軍の関与を示唆するための、ロシアの情報戦では、との見方が広がっている。
ところで、「親ロシア派」とはいったい何者なのでしょうか。ウクライナ危機は、民族紛争というより地域対立です。ポーランドなどEUに加盟した旧共産諸国と接する西部地区と、ロシアの強い影響下に置かれた東部地区では、経済政策の利害が真っ向から対立してしまうのです。
悲しいことだが、プーチンは、他に取るべき方法を知らないのだ。プーチンは、世界におけるロシアの威信を取り戻せると信じている。
あるオランダ人男性が、2度も命拾いをしたと伝えられている。7月17日にウクライナ上空で撃墜されたマレーシア航空MH17便と、今年3月8日にインド洋上空で消息を絶ち行方不明となったMH370便の両便に搭乗する予定だったが、両方とも直前に予定を変更したのだ。
298人が乗ったマレーシア機(ボーイング777)の撃墜のような大事件が発生すると、ソーシャルメディアには、膨大なニュース記事、写真、動画があふれる。そして、衝撃的なコンテンツは、一気に拡散していく。だが、その中には、全くの偽情報も紛れ込む。
ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件を受け、ケリー米国務長官は20日、ウクライナの親ロシア派勢力への武器供与にロシアが関与したことを示す強力な証拠があると指摘した。 ケリー長官は米情報機関の最新の分析に基づき、航空機撃墜に使用された対空システムはロシアが同武装勢力に供与したと非難した。
ケリー米国務長官は20日、ウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜されたことについて、ロケット発射装置や戦車などが数週間前にロシアからウクライナに入っていたとし、ロシアの武器供与への関与を示す証拠が多数あると非難した。