masuzoeyoichi

森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議し、白を着用した野党議員。舛添氏は「白い服を着るだけなら国会議員でなくても出来る。これでは政権はとれない」などとTwitterに投稿した。
「女性は政治に興味がない」と言わんばかりの舛添氏の投稿に対し、「女性差別だ」と批判する声が多数上がっている。
川谷絵音さん「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。世間」 舛添要一さん「いつまでこんな非生産的なことを続けるのか」
笑い話のように話していますけど、胃が痛くなるんですよ。平等ですらないし、公平にすら戦えない。
五輪組織委員会はあまりにも悪手を連発しすぎているようにしか思えません。
政治資金の「公私混同」問題で6月に東京都知事を辞職した舛添要一氏の資金管理団体「泰山会」の2015年の収支報告書を、東京都選挙管理委員会が24日に公表した。
現状を直視し、第2次草案を実際に棚上げできなければ、公明党や野党の一部も巻き込んで改正案を発議し、国民投票で可決させることはできないだろう。
パリ・ロンドン出張の資料の一部をいただきましたので、共有しておきたいと思います。初めに言っておきますと、なかなかのインパクトです。
舛添要一氏が都に公用車の経費を返還した。その額、6万5029円…。
「東京大改革」を訴えて圧勝した小池百合子氏が直面する課題は何か。
東京都知事選が7月31日に投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が初当選した。
自民党からの推薦を得るため(増田寛也氏を降ろすため)のチキン・レースを仕掛けていると見る向きもありましたが、どうやらルビコン川を渡られたようです。
最終盤に差し掛かった参院選。安倍政権がひた隠す真の争点「憲法改正」が大きくクローズアップされています。
ニュースを騒がせた人々を振り返ってみました。
ニュースを騒がせた人々を振り返ってみました。
問題を「断ち切る」ことで「夢と希望」が持てるという発言から、嫌なものを回避することで何かを得ようとしている彼の姿勢が見える。