matahara

各政党に対し、候補者数の目標設定を義務付けることも検討されていたが、今回の改正には盛り込めず。女性議員を増やすという点では、実効力に課題も残ります。
ダイバーシティのある社会は、「主体」と「客体」を区別しない。
働くことに関する問題を未然に防ぐには、働くときに必要な法律や決まりの「ワークルール」をきちんと知っておくことが大切です。
不快に感じたらガマンせず、「やめてください」とはっきり意思表示しましょう。
より多くの人が自分は幸せだと感じる生活を手に入れる社会にするためには、夫婦間不平等の問題を一つひとつ解決して行く必要があると思うのです。
そもそも社会全体に、妊婦を含めあらゆる人に対しての思いやりを持って利用する雰囲気がもっと広まればいいのであって、必要以上に萎縮する必要はない。
日本人で初めて、米国務省の「世界の勇気ある女性賞」を受賞した小酒部さやかさん。マタハラ被害を受けてから、運命を切り開いていった彼女の強さを探る。
PRESENTED BY SK-Ⅱ
芸能人が一般的に置かれている状況をFPの視点から考慮すると、彼らには「子どもが大きくなるまでは家庭に専念する」と悠長には言えない事情があります。
「子どもを産み育てながら働き続けたい。そのために事業主は男女雇用機会均等法を守ってほしい」