mataniti-harasumento

日本人で初めて、米国務省の「世界の勇気ある女性賞」を受賞した小酒部さやかさん。マタハラ被害を受けてから、運命を切り開いていった彼女の強さを探る。
PRESENTED BY SK-Ⅱ
約半数が「迷惑」「辞めたら?」などと言われていました。
「妊婦はいらない」として、女性職員を解雇した病院の名前を、厚生労働省が公表した。
働く女性が妊娠や出産をきっかけに、職場で嫌がらせをされたり、解雇や降格などの不当な扱いを受けたりする「マタニティ・ハラスメント」(マタハラ)の意識調査が行われた。調査は日本労働組合総連合会(東京都千代田区、連合)が実施、2013年から今年で3年目となる。今回、約9割の女性が「マタハラ」という言葉を知っており、2013年の6.1%に比べて、飛躍的に認知度が上昇していた。
働く女性が出産や妊娠をきっかけに、職場で嫌がらせをされたり、解雇や降格などの不当な扱いを受けたりする「マタニティ・ハラスメント」(マタハラ)。その被害女性が中心となって活動している「マタハラNet」は3月30日、マタハラの実態を調査した「マタハラ白書」を発表した。意外にも多かったのは、女性の上司や同僚からの暴言だった。
妊娠後に降格させられたのは、法律に違反するとして、広島市の女性が勤めていた病院側に損害賠償を求めていた訴訟で10月23日、最高裁は一審、二審の判決を破棄、広島高裁に差し戻す上告審判決を下した。この訴訟はマタハラに対する初の最高裁判断だったが、賞賛が寄せられる一方、一部では批判やバッシングもあった。では、この問題を解決しなければ将来、何が起こるのだろうか?
妊娠後の降格は、男女雇用機会均等法に反するとして、広島市の病院に務めていた理学療法士の女性が運営元に約170万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は10月23日、均等法に違反すると判断、女性側敗訴とした1、2審判決を取り消し、審理を広島高裁に差し戻した。
妊娠を理由に職場で降格されたのは法律に反すると訴えた訴訟の上告審判決が10月23日、最高裁で言い渡される。妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止めされたり、減給、降格されるなどの嫌がらせを職場で受けるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)。マタハラは女性の人生に二次被害、三次被害をもたらし、「人生のドミノ倒し」に陥る危険がある。実際に被害に遭った女性が語ったことは?
残念ながら幻に終わってしまった、国政への都議会からの「意見書」ですが、今後とも都政の場からすべての女性が活躍できる政策を推進できるよう、努力を続けていく所存です。
政府の成長戦略として「女性の活躍」が推進されているが、企業が人口減少時代を生き抜くためには、それに加えて、男女を問わず子育て、介護、療養など「自他のケア」をしながら一定の制約の中で働く人の活用が不可欠である。