matsuihideki

1992年夏の甲子園、松井秀喜選手への5打席連続敬遠は、日本中で論争を呼んだ。
プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
第96回全国高校野球選手権石川大会の決勝戦が7月27日に行われ、星稜が9回裏に8点差をひっくり返し、9-8で小松大谷に逆転サヨナラ勝ちし、2年連続17度目の甲子園進出を決めた。
ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)のキャンプインが今月15日に迫っている。4月1日の開幕戦までにどんな時間を過ごすかで、1年間の活躍も変わってくるはずだ。では、田中はこれからどのような流れを踏んで、シーズンに突入していくのだろうか。
マー君の"パートナー"は誰になるのだろうか。ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)にとって、いかに少ないストレスでルーキーイヤーを過ごせるかは、結果を残すために大きな要素となる。鍵を握るのは、通訳の存在だ。
迎える2月1日。今年は一段とキャンプへの視線が集まるだろう。最も注目を浴びるのは、松井秀喜氏が合流する読売巨人軍に違いない。その巨人を筆頭に、今年のセ・リーグ6球団のキャンプの注目を紹介したい。
巨人の白石オーナーは、チームOBの松井秀喜氏らと4者面談を開き、松井氏に「巨人に戻ってきて(将来は)監督として引っ張ってもらうことを切望している」と話したことを明らかにした。各スポーツ紙は「次期監督を要請」などの見出しを取って報道している。