mers

中国・武漢市において発生した新型コロナウイルスによる肺炎。現時点でわかっていることを、Q&A形式でわかりやすく解説します。
新型コロナウイルスについて、厚労省は「一般的な感染症対策をしっかりして、過剰な心配をしないように」と呼び掛けています。WHOによると、新型肺炎の患者の治療法については、現在のところ対症療法しかないとしています。人にどのように感染するのかは調査中だという。
韓国の体験が示すように、最新の保健医療システムをもってしても、感染症の流行に備えるためにはより一層の努力が必要なのである。
韓国で186人が感染し、36人の死者を出したMERS(中東呼吸器症候群)で、自宅隔離となっていた最後の対象者が、7月27日午前0時で解除された。
韓国で流行していることが大きなニュースとなっているMERS。今後MERSの対策を行う上で、過去の経験から考えるべきことは何でしょうか。
タイ保健省は、国内で初めてのMERS感染者が確認されたと発表した。中東オマーンから入国した、75歳の男性だという。
MERS(中東呼吸器症候群)の感染者が拡大している韓国で、与党・セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表が「キムチやコチュジャン」をたくさん食べる韓国人は「MERSを克服できる」と発言し、話題になっている。
韓国政府は6月22日から、外国人観光客を対象にしたMERS保険を無料で提供する。この政策に韓国国内から批判の声がでている。
韓国保健福祉省は6月15日、中東呼吸器症候群(MERS)の感染者に接触した可能性があるとして、日本人も自宅隔離措置になっていることを明らかにした。
MERSコロナウイルスに感染していたとみられる韓国人男性が6月13日、訪問先である東欧のスロバキアの首都ブラチスラバで入院した。