merukeru

北大西洋条約機構(NATO)のイスメイ初代事務総長はかつて、西側軍事同盟の目的は「米国を引き込み、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込むことだ」との言葉を残した。現在の欧州連合(EU)が直面している課題は、「英国を引き止め、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込む」という言葉に言い換えられるかもしれない。
中国を訪問しているドイツのメルケル首相は7日、独情報機関の連邦情報局(BND)に所属する男(31)が米情報当局との二重スパイだったとされる疑惑について、深刻な問題だとの認識を示し、事実ならばパートナー国間のあるべき協力関係と矛盾することが明白だと述べた。
オバマ大統領は結局、シリコンバレーを敵には回さないんだ、ということがよくわかる報告書だった――。
ドイツ政府は4月2日、法定最低賃金を時給8.5ユーロ(約1220円)に定めることで合意した。2015年に導入するという。
ポーランドのドナルド・トゥスク首相はドイツがロシアの天然ガスに依存していることが欧州の政治的主権を脅かしているとの考えを示した。ドイツのエネルギー政策は大きく変革させてはならず、環境保護もほどほどにせよ、というのだ。トゥスク氏の視点は正しいが、その結論は間違っている。
ロシアのプーチン大統領の支持率が70%を超えて、2011年に大統領に復帰して以降最も高くなったとする調査結果が出た。ウクライナ情勢への対応が支持率を押し上げた要因と見られる
ベルリン市内にある拙宅の近くには、公園がある。その前を通り過ぎるたびに、母親たちに混じって、小さな子どもと一緒にいる父親の姿がよく目に入る。歩道でベビーカーを押している男性も珍しくない。
ウォルフガング・ショイブレ財務相と、ハンブルク市長を務めるオーラフ・ショルツ元労働・社会保障相。ドイツ版ハフポストは、どちらがインターネットで影響力があるのか、スイスの研究機関と共同で研究した。
ハフィントンポスト各国版11月27日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、ドイツ版からお伝えします。ドイツのキリスト教民主同盟(CDU)と社会民主党(SPD)で大連立が合意、12月中旬にもメルケル政権が3期目に突入します。
ハフィントンポスト各国版11月2日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ・ロサンゼルス国際空港で銃乱射事件が発生、保安検査を担当する運輸保安庁の職員1人が死亡しました。犯人も撃たれて重体です。フランスのブルターニュ地方では環境税導入に反対するデモが暴徒化、混乱が拡大しています。