minatoku

一部の住民等が反対を主張する事態に発展したものの、区側はあくまで設置の方向性を貫きました。
マイノリティも含め、老若男女の多様な知恵を集めてクリエイティブに発想することが求められています。
排除を繰り返した先にあるのは、ほんの一部の人しか存在できない社会だ。
昨今、様々なところで起きている格差と分断、そして何かがあるとどっと一方に触れやすい社会に懸念を感じています。
2015年7月に、生活保護受給者である精神疾患患者の「相談員」として、特定の医療法人が職員を都内の福祉事務所に派遣し、自らのクリニックへ囲い込んでいたと受け取られかねない問題が明らかになったことはご記憶に新しいところだと思います。
今年4月に開催された、東京都、アーツカウンシル東京、そして六本木アートナイト実行委員会主催の「六本木アートナイト2015」のレポートをご紹介します。
7月24日。5年後のこの日に、東京オリンピック・パラリンピックの開会式が行われます。
多様性が都市の魅力を形成する重要な要素として認識されている世界では、LGBTの方々にそうでない人と同様の権利を与えるのは当然で、近年では、それに加え、彼らが活躍しやすい社会づくりに向けて様々な法律が次々と生まれている状況です。
子育てて忙しいママさんが、お子さんを預けてカフェやヨガなどでリラックスして過ごすことのできるイベント「みなとハッピーナッピーデーピクニック」を開催しました!