mitame

【加藤藍子のコレを推したい、第4回】『夢で逢えたら』(吉川トリコ著)の主人公たちは、あまり友達になりたくないタイプだ。しかし、女たちの最高の景色を見せてくれる。
「見た目が一番」の考えにとらわれたコックス。何度も注入剤を入れた結果、顔が変わってしまったと語る。
髪の量が多く、太くて、癖が強いため、もともと髪の毛は私の一番のコンプレックスでした。
なぜ私たちは、こんなにも「見た目」について悩んでしまうのか?ハフポスト編集部主催のイベントを6月28日(水)午後7:30から東京・南青山で開催します。
アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。
私たちはこのカラダへのプレッシャーとどう戦っていけばいいのだろうか。
見た目で判断しないで!