motakuto

中国の法治は党にコントロールされており、ルール・バイ・ロウにはなっていません。これは極めて明確に、現代中国の問題を物語っている部分です。
2017年秋には指導部メンバーの大幅な交代が予想される党大会を控えており、人事でも強い主導権を握ることになるとみられる。
中国の毛沢東主席と、北朝鮮の金日成主席の具体的なやりとりから分析した。
登場人物の多くは、毛沢東語録の赤い小冊子を手に持つ姿で描かれている。
1966年5月16日に中国で始まった「文化大革命(プロレタリア文化大革命)」から、今年で50年を迎えた。
湖南省は、毛沢東の出身地として知られていますが、そのほかにも多くの指導者を輩出して中国の近代化をリードしてきたところです。
「紅二代」「紅三代」と呼ばれる人々が、党・政・財にまたがる巨大な「利権共同体」を構築している実態が、「パナマ文書」からは否が応でも浮かび上がってくる。
中国河南省の農村で建設が進んでいた巨大な毛沢東像が突然、取り壊された。
中国河南省開封にある農村で、中華人民共和国建国の父とされる毛沢東の巨大な像の建設が進んでいる。複数の企業家が300万元(約5500万円)を拠出したもので、高さは36.6メートルある。