nagasakigenbakunohi

7万人以上が犠牲になったと言われる、長崎市への原爆投下。凄惨な記録を振り返ります。
原爆の日の対応は。組織委員会は7月15日時点、ハフポスト日本版に「現在の競技スケジュール上では8月6日に黙祷等を実施する予定はございません」と答えている。
新型コロナ対策で平和祈念式典が規模を縮小して行われる中、平和公園にいることを想像して黙祷してと呼び掛けた。
8月9日は長崎原爆の日。7万人以上の尊い命が奪われました。写真や記録から、その日を振り返ります。
爆死した父の遺体を探し、兄弟と一緒に自分たちで火葬した体験を語った。
「原爆の恐ろしさを伝える歴史的資源にするべき」と市議会では保存を求めていた。長崎原爆の日に振り返る。
保存運動をしていた元市議「人類の愚かさを教えてくれるものだった」
「私たちは決して忘れません。1945年8月9日午前11時2分、今、私たちがいるこの丘の上空で原子爆弾がさく裂し、15万人もの人々が死傷した事実を」