nankaitorafu

バクテリアで津波を小さくする――。南海トラフ地震の脅威に直面する高知県の研究所が、夢のような研究に取り組んでいる。
南海トラフ地震の最悪ケースが到来した場合、高知県土佐清水市と黒潮町には、全国最大の34mの津波が押し寄せるとされている。
巨大地震の到来が予想されている南海トラフ沿いの海底の動きを観測している海上保安庁が18日、海域ごとに移動速度が異なることを示す地図を公表した。
南海トラフ熊野海盆の海底泥火山から掘削された堆積物に、最高310℃と推定される高温を経験した水の成分が含まれることを、海洋研究開発機構の西尾嘉朗技術主任らが見いだした。
南海トラフ付近のデータを解析した結果、音響レーリー波という波動によって沈み込み帯付近の海洋と地殻が毎日ごくわずかに振動していることが、世界で初めて判明した。
そう遠くない未来に起こると言われる「南海トラフ巨大地震」を想定し、宮崎県内各地で19日、大規模な防災訓練が行われた。
静岡県の駿河湾から九州の日向灘沖にかけ、日本列島に沿って伸びる「南海トラフ」。そこを震源にして起きる地震や津波に備えるための「南海トラフ地震対策特別措置法(南海トラフ法)」が昨年11月、国会で可決・成立した。