nanminkyanpu

いまなお壊滅的な人道危機にあるロヒンギャ。国連UNHCR協会の報道ディレクターとして、2022年10月末に難民キャンプを訪問したジャーナリストの長野智子さん。その状況は想像を超えて過酷なものでした。
気候変動によって多くの人が避難を強いられるとも予想されている。近い将来、私たち全員が移民や難民の問題の影響を受ける可能性があるのだ。
そこは国を追われた難民たちが、生き抜こうとする強さや自立への希望を養う場所だった。
世界は何度も地図を描き変えてきた。その歴史の変化の中で、いつも大量に発生しているのが「難民」である。
なぜ、今まで、この当然のことについて私が発信することができなかったのか?
内部で活動をする人たちは「あと4~5年はこのままだよ。むしろキャンプはあっち側にもまだ増えていくよ」と空き地のほうを指して言いました。
難民支援と同様に大切なのが、受け入れる側の地域社会への支援です。