napukin

生理に関するアンケートに答えた学生たちは、社会や教育現場での理解が不足している現状を指摘しています。
いまレバノンでは、深刻な経済危機で女性の5割以上が適切な生理用品を手に入れられない状態にあるといわれています。
大王製紙は2021年4月、写真家・映画監督の蜷川実花さんがディレクションするブランドとコラボした限定商品を全国で発売した。
「自分の好きなものを選べるのが大事」など、選択肢が広がることを歓迎する投稿も。
インドの広告ディレクターの女性は「運動をしたり、会議に出たりする強い女性である必要はありません」と話している。
生理についてオープンに語る女性タレントも出始めた。
「生理の貧困を無くし、子どもたちが自身の生理ではなく、授業に集中できるように」
"その日"といった言葉で表現されてきた生理を真正面から描いた。
動物の血で「生理」を疑似体験、孤立しても開発研究を続けたムルガナンダムさん