nenryodenchisha

再生可能エネルギー由来の水素が期待できる理由
ホンダは3月10日、燃料電池車の「クラリティ フューエル セル」のリース販売を開始した。
エコ技術は多額の開発費がかかることから、今後は、各国の排ガス規制強化の動きも後押しして、メーカー間で技術供与や提携、M&Aなどが進むだろう。
ハフポスト日本版が、28日のプレスデーで撮影してきた「未来のクルマ」を一挙に紹介しよう。
トヨタの内山田会長はこれを「天変地異」と表現した。
さて日本の自動車産業では、トヨタが国内向けのランドクルーザーに新しい2.8リッターのクリーン・ディーゼルエンジンを搭載したマイナーチェンジ車をリリースしたというニュースが目に入りました。
日本がFCVを普及させたい気持ちの裏には、FCVはEVに比べて「すり合わせ技術」が大きく必要になってくるからだ・・・という事情があります。
FCVが凄いエコになる可能性というのは、要するに今のエネルギー消費システムにはあっちこっちに無駄があるってことなんですよね。
トヨタ自動車は2月24日、燃料電池車「MIRAI」の生産ラインを報道陣に初公開した。
FCVに未来があるかは不透明だ。むしろ世界には普及せず、日本の一部だけでしか使われないガラパゴス・カー、"ガラカー"になる恐れもあるとみておくべきだ。